海洋紀行 総合掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)

[659] 視読者各位 投稿者:すぎたま 投稿日:2019/05/11(Sat) 00:53  

下記[658]の件は、当該ページのみ、公開停止となりました。
しかし、本日未明0時過ぎに公開された新記事
https://lofthonsen.muragon.com/entry/639.html
によれば、「事務局の対応を待って修正再公開」とする旨記載がありますので、その再公開の内容いかんによって、当方も必要な措置を講ずることになろうかと思います。



[658] あまりに老人のいたずらが過ぎると思うので 投稿者:すぎたま・管理人 投稿日:2019/05/10(Fri) 11:35  

当方のリンクにもあるyaneura-Z氏のブログについて、「にほんブログ村」における「ランキング不正」が行われているとして、確定的な証拠も無いのに私とyaneura-Z氏を同一人物であるとしたり、誹謗中傷したり、yaneura-Z氏のお店に対して威力業務妨害行為を働いたりしている「Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記」なるブログですが、あまりに言っていることが一方的、かつ当方へも明示的なマナーまたは法律に違反する行為があり、目に余るのでここに公開して議論を提起したいと思います。
https://lofthonsen.muragon.com/entry/637.html
以下投稿しましたが掲載されるか不明なので、こちらの主張を転記しておきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−ここから転記
著作物とは、ご記載の通り、「思想感情を創作的に表現したもの」ですので、ブログのコメントも著作物です。それを著作物で無いと言い張る弁護士が本当にいるのでしょうか。いるとしたら、専門的知識が不足しているとしか思えません。
この件は再度抗議します。
今後あなたに対する対応は、こちらもよく検討することにしますので、連絡をお待ち下さい。魚拓は取ります。

さて、そもそもの本題である、ランキングの数字が不自然であるということについて、システム的な問題であるので、誰が責めを負うということでも無いはずです。強いて言えば、そのようなシステムを欺ける状態にしているブログ村ということなんでしょうが、あなたが既に事務局に問い合わせた結果からすれば、事務局として何かアクションを起こす(少なくとも明示的には)気は無いのだろうと思えます。
屋根裏氏が業者を雇って、データを操作している可能性ですが、私は繰り返しになりますが、「そんなことをしなければならない理由が見つからない」旨は、既に書きました。私は屋根裏氏と確かに友人ですが、氏のお店も、そこで起こる問題も、だいたいのことは見知っております。そのためランキングに操作なんぞ加えなくても、氏のお店はやっていけるし、十分顧客がいることも存じております。それを知っているからこそ、「彼はそんなランキングの操作はしていない」と申しているのですが、ご理解いただけないようで。
それで一番の問題なのは、今のところずらずらとデータらしきものを上げられてはいますが、きちんとした「屋根裏氏がデータ偽装または操作を行って、ランキングのトップに居座っている」という証拠は、何一つ示されていないことと、「証拠が無い」のに、勝手な推察で、「既にランキング偽装・操作は間違い無い」、または、「ランキング偽装・操作されている前提」で、記事の発表をしており、それを短慮で信じた人々が、釣られて騒いでいる状態を作り出したということです。これについて、あなたは責任を負わなければなりません。これは認識しておく必要があります。
それと、記事中でいぎたない言葉でののしるなどの誹謗中傷、およびがおう氏といっしょになっての「店に行く」だのの脅迫的な書き込み、さらには屋根裏氏のお店の評判を、ことさらにおとしめるための書き込みによる「威力業務妨害」は明らかかと思います。
これが年金生活者たる高齢者の取るべき態度ですか?。一度そのあたりをよく考えてみなさいよ。
このコメントを公表する勇気が無いのであれば、うちの掲示板でも相手してあげます。いつでもどうぞ。ただし、うちの掲示板規約に従ってもらいますがね。
とりあえずうちの掲示板にこのコメントも貼り付けさせてもらいます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−ここまで転記
最近、ネットのなんたるかがわかっていない高齢者が、勝手な記事で周囲に迷惑をかけるケースが多いようです。ただ闘いが発生しているだけならば、生暖かく見守るだけですが、本件は当方のリング先や当方への攻撃的な態度が目に余るので、とうとう書かせていただきました。
この件につきましては、視読者各位にあらせられましては、ご意見を承ります。


[657] 心当たりの無い投稿を削除 投稿者:すぎたま 投稿日:2019/02/11(Mon) 04:14  

心当たりの無い方から、意図がよくわからない投稿がありました。
必要な投稿であれば、意図がわかるようにご投稿お願いします。
削除させていただきました。


[656] 情報ありがとうございます 投稿者:すぎたま 投稿日:2018/09/23(Sun) 20:54  

粟山様
ご閲覧ありがとうございます。制作者のすぎたまです。
小田急8000の当時の輸送経路について、ご教示いただきありがとうございました。
次回の訂補時に、さっそく修正をいたしたいと存じます。
どうもあの周辺の地理には詳しくなく、多少調べたりはしたのですが、やはり間違っていましたね。
なかなか難しいところです。ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

http://princesscomet.net/


[655] 甲種輸送経路 投稿者:粟山 投稿日:2018/09/11(Tue) 22:41  

小田急8000系「幻の塗装」のページを拝見しました。
本文中の甲種輸送経路に推定で、
「京浜急行・金沢八景(東急車輌)−神武寺駅−連絡線−国鉄逗子駅−横須賀線−大船−東海道線−高島貨物駅」
と書かれていますが、
当時の東急車輛製造からの甲種輸送は、高島貨物駅折返しではなく、以下のような経路で本郷台にて折返しをしていました。

−大船−根岸線−本郷台(機関車付け替え・折返)−根岸線−大船−東海道貨物線−茅ヶ崎−



[654] USBC関連とデカールについて 投稿者:すぎたま 投稿日:2017/06/28(Wed) 07:07  

H.Takakiさま

またまたご教示ありがとうございます。
次回の更新にて、少しUSBCの歴史など訂補いたしたいと思います。

デカールというと、私ら世代には「プラモデル」の印象が強いのですが、思いのほか
いろいろなところで使われていることに驚いております。
鉄道車輌の表記類、車内の番号板などにも、戦後あまり時間がたたない頃より、
いろいろ使われておりました。ボウリングピンのような、日々激しくもまれるものに
使われるというのは、プラスチックコートの内側であるとしても驚きですね。

失礼いたします。

http://princesscomet.net/


[653] ピンの認証について 投稿者:H.Takaki 投稿日:2017/06/25(Sun) 12:21  

普通のピンに関しましては、ABC、WIBC-ABC、USBCという3種類のものがありますが、これは古い順で時代とともに切り替わってきました。
現行品はすべてUSBCが付きます。
ABCからWIBC-ABCに切り替わったのが1990年ころ。
USBC認証に切り替わったのが今から10年くらい前になります。
Brunswickのスコアキング50とミキサーのABC
認証の違いですが、これはデカールと印刷の違いですね。
ピンへの印刷技術が発達しておらずデカールを貼り付けていた頃は、スコアキング50と全く同じ認証がいろいろなピンに使われていました。


[652] Re:[651] ピンについての補足です 投稿者:すぎたま 投稿日:2017/06/24(Sat) 06:01  

H.Takakiさま

> こちらの「普通のピン」で紹介されている「PBA」となっているピンですが、正しくは「DBA」です。

 さっそく訂正いたしました。6月24日の訂補で、特許番号などと含め、訂補をいたしました。
ご教示ありがとうございました。

http://princesscomet.net/


[651] ピンについての補足です 投稿者:H.Takaki 投稿日:2017/06/23(Fri) 00:56  

こちらの「普通のピン」で紹介されている「PBA」となっているピンですが、正しくは「DBA」です。
取り扱いはサンブリッジで、製造しているのはWINSOME社です。
以前はバルカンコーポレーションが製造していたものもありましたが、其方は生産中止になっています。



[650] ご教示ありがとうございます 投稿者:すぎたま 投稿日:2017/06/21(Wed) 16:33  

H.Takakiさまこんにちは。

こちらこそよろしくお願いいたします。
なるほど、ピンの首などに書かれているバラ文字や、PAT番号などには、そのような意味が
あったのですか。知りませんでした(笑)。
昔、DIXピンというピンを持っていた時は、肩に4桁の数字が印字されていたのを思い出します。
あれは、今から思うとロット番号か何かではないかと思いますが(複数のピンで、全て違っていた)、
全体の写真しか残っておらず、しかもものすごいピンぼけという…(笑)。

 ご教示ありがとうございました。なるべく早い時期に、HP上へ反映させたいと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 失礼いたします。

http://princesscomet.net/


[649] ピンのネックライン間の番号について 投稿者:H.Takaki 投稿日:2017/06/19(Mon) 15:16  

AMF製ピンのネックラインの間にある「PAT♯ 4 445 688」はAMFの表面樹脂圧着加工(モールディング製法)に関しての特許番号です。
その他の「1 A 1 AA」の方式でバラバラに刻まれている数字はインデックスナンバーといい、製造ロットを示しています。
WINSOME製ピンの「PAT# 5 833 547」はロックオンベースというボトムリング(底面の補給リング)固定方法の特許番号です。
AMFと同様、その他のバラバラの文字はインデックスナンバーになります。


[648] たまたま見つけて… 投稿者:H.Takaki 投稿日:2017/06/19(Mon) 11:42  

こんにちは、すぎたまさん!
ボウリングピンで検索してここにたどり着きました!
ピンのこと、だいぶ詳しく載せられてますね!(^^)!
私もピンコレクターとしてご提供できる情報は提供させていただきますので、これからもよろしくお願いしますね(^_-)


[647] Re:[646] ブレーキハンドルの柄 投稿者:まっつん 投稿日:2017/04/19(Wed) 21:05  

ご丁寧にありがとうございます。


[646] Re:ブレーキハンドルの柄 投稿者:すぎたま 投稿日:2017/04/19(Wed) 06:55  

 まっつんさんこんにちは。すぎたまです。

> ブレーキ弁ハンドルの柄の交換記事を拝見したのですが、
> 新しい柄はどのように製作されているのでしょうか?

 ブレーキハンドルの柄は、木工旋盤で挽いたものを、ネットオークションに出品されている方がいて、それを入手したものですが、取り替えで発生したものも利用しています。
 ご自分で製作される場合は、木工工房などに図面か、または実物を持って依頼されるのが比較的簡単かと思われます。

 いかがでしょうか。失礼いたします。

http://princesscomet.net/


[645] underpine_21@yahoo.co.jp 投稿者:まっつん 投稿日:2017/04/18(Tue) 22:09  

初めまして、まっつんと申します。
ブレーキ弁ハンドルの柄の交換記事を拝見したのですが、
新しい柄はどのように製作されているのでしょうか?


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -