海洋紀行 総合掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)

[615] Re614レスありがとうございます 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2009/04/28(Tue) 00:28  

すぎたまさんへ
早速のレス、ありがとうございます。以下に感想を追加しておきます。

>実はここだけじゃなかったです>誤植
そ、そうでしたか〜(苦笑)こちらの読み方がまだまだ足りなかった、ってことですね。更に精進したいと思います。

>どうも校正というのは、
一人でやっているとわからないものですね…。

本当にそうですね(笑)。仕事でも、他人の書いたものの誤植等はかなりよくわかるのですが、自分のものだとなかなか〜。何度見直しても完全になくすのは至難の業です(苦笑)。でも経験上、文章の上手さと誤植のなさはある程度相関するのではないかと思っているので、誤植率の低下に更に心掛けたいと思ってはいます。ちなみに、すぎたまさんは、誤植率は(完璧ではないものの)かなり低い方ではないかと思っています。

>この第290話のデートシーンでも、当然にしてそれは問題>になりました。おそらく、今後も問題にはなり続けるでしょう。

今回はこの聞題を「ギリギリの所で、上手く解決しているな〜」と感心しました。今後も注目していきたいと思っています

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[614] Re:[613] ここは一つの山ですね 投稿者:すぎたま 投稿日:2009/04/27(Mon) 04:06  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> 何と2ケ月以上ぶりのカキコです(苦笑)。時々チェックはしてるのですが〜。GWも近いので、今後はもう少し頻繁にカキコ出来るかと思います。

 お疲れさまです。そちらの日記も、時々拝見させていただき、いろいろとお忙しいのだろうと思って
おりました。どうぞご都合のいいようにお願いいたします。

> 以下に第290話の輝き自然度チェックの結果を記します。

 いつもありがとうございます。

> 今回も全体的に自然で、かつ「江の島ファンタジックバレンタイン」のムードがとても良く表現されていると思います。更にケースケ&コメットさん☆の揺れ動く「微妙な気持ち」がとても良く表現されていると思います。そして、「二人は、おそらく「また」は無いような気が、なぜかしていた。それはコメットさん☆がここに来ることは出来ても、ケースケがその隣にいることはない、ということ。またはその逆である。ケースケは、そっとコメットさん☆とつないでいた右手を外し、自分のジャケットのポケットに突っ込んだ。左手はコメットさん☆と手をつないだまま…。ポケットの中の四角い小箱。」などのような、クライマックスシーンの表現は特に素晴らしいと思います。

 ありがとうございます。この回は、やはり一つの山になるところだと思うので、いろいろ考えて書いたのですが、
なかなか自然に流れず、読み返してみると、苦しいところもあるなと思います(苦笑)。

> ちなみにこの「四角い小箱」が何を意味するのか、ここでは直接書いてなくても十分わかるだけに、(上手いな〜)と思いました。

 これまたありがとうございます。まあなんと言いますか、ここではっきり書いてしまうと…などと思いまして、
何話かに渡って…ということになりました。

> ただ唯一、輝き自然度チェックに引っ掛かる箇所がありましたので記しておきます
> 「だったやってられないじゃない。」(ここはもちろん、「だってやってられないじゃない。」です)

 わははははは....._| ̄|○ 。実はここだけじゃなかったです>誤植。階段という字が間違っていたりします。
次回の更新の時に直します。ご指摘ありがとうございました。どうも校正というのは、
一人でやっているとわからないものですね…。先日最近の回で、やっぱり色が間違って指定している
ところを見つけ、汗かきながら直したところでした。

> この後の展開も楽しみです。読み次第、感想をカキコしたいと思います。

 ぜひよろしくお願いいたします。このあたりの話数は、長いものが多く、視読者の方々には、
お手間とらせているかと思いますが、一つよろしくお願いいたします。

> 現在こちらは「コメットさんの日記第3シリーズ」を書いており、コメットさんの将来にケースケがどうかかわるのか、一つの結論が出るのではないかと思っていますが、詳しい事はまだ全然わかっていません(笑)。しかしコメットさんの年令を26歳(とそちらよりかなり高く)に設定しているので、
> 色々と(2人の間の)表現が難しくなるのか?とも思うのですが、今の所はそうでもないようです(笑)

 なるほど。確かに年齢が高くなると、恋愛に対する感情や行動も異なってきますから、それらを
どの位のレベルで表現するかというのが、難しくなりますよね。ターゲットにする層を、どのあたりに
するのかということと、あまり現実ありのままというのも、物語としての整合性を考えると
変かもしれないということもあるでしょうから、なかなか悩むところですよね…。
 この第290話のデートシーンでも、当然にしてそれは問題になりました。おそらく、
今後も問題にはなり続けるでしょう。

 それではまたよろしくお願いいたします。現在第298話を書く段取りというところです。
コメットさん☆と藤吉家の人々の絆というような話になりましょうか。
 その他、藤吉家の黄色いニュービートルに関する話を、多少追加することを考えています。
鳩に関するコンテンツも、動画を載せたりしましたが、もう少し写真を増強する予定です。

http://princesscomet.net/


[613] 第290話の輝き自然度チェックの結果 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2009/04/26(Sun) 03:15  

すぎたまさんへ
何と2ケ月以上ぶりのカキコです(苦笑)。時々チェックはしてるのですが〜。GWも近いので、今後はもう少し頻繁にカキコ出来るかと思います。
以下に第290話の輝き自然度チェックの結果を記します。
今回も全体的に自然で、かつ「江の島ファンタジックバレンタイン」のムードがとても良く表現されていると思います。更にケースケ&コメットさん☆の揺れ動く「微妙な気持ち」がとても良く表現されていると思います。そして、「二人は、おそらく「また」は無いような気が、なぜかしていた。それはコメットさん☆がここに来ることは出来ても、ケースケがその隣にいることはない、ということ。またはその逆である。ケースケは、そっとコメットさん☆とつないでいた右手を外し、自分のジャケットのポケットに突っ込んだ。左手はコメットさん☆と手をつないだまま…。ポケットの中の四角い小箱。」などのような、クライマックスシーンの表現は特に素晴らしいと思います。ちなみにこの「四角い小箱」が何を意味するのか、ここでは直接書いてなくても十分わかるだけに、(上手いな〜)と思いました。

ただ唯一、輝き自然度チェックに引っ掛かる箇所がありましたので記しておきます
「だったやってられないじゃない。」(ここはもちろん、「だってやってられないじゃない。」です)
この後の展開も楽しみです。読み次第、感想をカキコしたいと思います。
現在こちらは「コメットさんの日記第3シリーズ」を書いており、コメットさんの将来にケースケがどうかかわるのか、一つの結論が出るのではないかと思っていますが、詳しい事はまだ全然わかっていません(笑)。しかしコメットさんの年令を26歳(とそちらよりかなり高く)に設定しているので、
色々と(2人の間の)表現が難しくなるのか?とも思うのですが、今の所はそうでもないようです(笑)

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[612] Re:[611] 第275話の感想 投稿者:すぎたま 投稿日:2009/02/10(Tue) 03:48  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> 以下に第275話の感想を記します、本当はもう少し早くに読み終わっていたのですが、感想を書くのが遅くなりましてすみません。

 いつもありがとうございます。お疲れさまです。

> いや〜今回も大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆だと思います。全体的に自然で、読みやすかったです。

 それはどうもありがとうございます。なるべく自然に流すというのが、なかなか難しいところですが(苦笑)。

> これらの一連の景太郎パパの言葉が特に印象に残りました。また、確かにこの言葉通りだとも思います。この後のケースケの選択が注目されます。

 ケースケは…。ここに書いてしまうと、つまらなくなるかもしれませんので、書きませんが、
彼としては重大な選択をすることになりますね。一方で景太朗パパさんも、自らの経験に基づいて、
適切なアドバイスをするということになりましょうか。

> 以上です。ついでですが、鳩コンテンツも拝見しました。なかなか良く出来ていると思います。

 あははは(笑)。ありがとうございます。まだまだのコンテンツですが、あえて都内の集合住宅で、
産まれた鳩を見守るというか、観察するレベルのことなのですが、いろいろ面白いこともわかりますので、
それらを少しずつ書いていこうかと思っております。東京都のHPなんぞを見ますと、野生のものは
放っておけ、みたいなことが書かれておりますが、都内でも山間部や島しょ部はともかく、
ビルが林立するような場所が、「野生」の生物が生きている所と定義するには、無理があるように思えます。
もう少し違った見方が必要かと。その辺も少し私見を交えて書いていこうと思っております。
ドバトたちの写真集のようになりそうですが(笑)。

 またよろしくお願いいたします。現在第296話を書いております。星国の重要な話ですので、
やたら時間がかかっており、このところ1月に1話程度しか進まないのが悩みのタネです…。
ストーリーとしての大きな山なので、仕方がないかもしれませんが…。もう少しスピードアップしたい
ところですね。
 それでは失礼いたします〜。

http://princesscomet.net/


[611] 第275話の感想 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2009/02/08(Sun) 23:16  

すぎたまさんへ
以下に第275話の感想を記します、本当はもう少し早くに読み終わっていたのですが、感想を書くのが遅くなりましてすみません。
いや〜今回も大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆だと思います。全体的に自然で、読みやすかったです。

>景太朗パパさん:人間っていうのは、達成したい夢や希望
>が、たいていいくつかあるものさ。そういうものだろ?。
>たった一つ、という人は、まあ少ないかもしれない…。目標>自体は一つだとしても、それのまわりに、いくつかいっしょ>に達成したい目標があったりする…。

>今のお前は、まさにそういうものじゃないのかなぁ?。ぼくには、そう思えるけどな。

>ああもしたい、こうもなりたいってさ、人間は思うものさ。…でも、結局そんなに全部は達成できないかもしれないな。こんなことを、若いケースケに言うのは、ぼくの気持ちとして
>は、うれしくないけど…。現実は意外と厳しい…。

>…どの望みを、一番かなえたいかということといっしょに、どういう形でかなえたいか。…それは、その本人が決めるしかないんだよ。酷なことを言っているかもしれないけど、ケースケ、もし誰かに指図されて、それでうまく行かなかったら、
>きっと後悔するだろ?。違うか?。


>世界一のライフセーバーになる。それは大きな目標であり続けるだろう。だが…、その目標とともに、別な目標も見えてきてしまった…。それが今のケースケなんだろうな…。…世界一のライフセーバーになる目標を、いっしょにそばで見届ける人がいて欲しいか、それともその想いを断ち切ってでも、世界一になることのほうがまず優先なのか。…たとえ今日明日答えが>出ないとしても、お前自身で決めるしかない。

これらの一連の景太郎パパの言葉が特に印象に残りました。また、確かにこの言葉通りだとも思います。この後のケースケの選択が注目されます。

以上です。ついでですが、鳩コンテンツも拝見しました。なかなか良く出来ていると思います。

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[610] Re:[609] 鳩コンテンツ拝見しました。 投稿者:すぎたま 投稿日:2009/01/23(Fri) 22:48  

 こでまりさんこんばんは。
 お出ましありがとうございます。

> ピヨスケちゃんの写真、拝見しました。
> 初めて雛をご覧になった時、事前に鳩の姿を見ていなければ、これが鳩の雛だとお分かりだったでしょうか?
> 私は、初めて鳩の雛を見た時、何の鳥か分からなかったです。

 おそらくわからなかっただろうと思います。うちの回りは意外と野鳥が多いようなので、大きさからすれば
まあ鳩だろうとは思ったかもしれませんが…。ムクドリやヒヨドリもいますし…。

> 鳩の餌いれの作り方、見ていて楽しかったです。

 ありがとうございます。工作ものは好きなので、なんとか作れないかと挑戦したのですが、
同時に食べられる鳩の数が不足気味なので、もう少し改良の余地がありそうです。

> ハムスター用の餌入れも利用できるんですね。
> 何羽も、こっちにお尻を向けて食べているのが凄くかわいいです。

 ありがとうございます(笑)。ハムスターの餌入れは、偶然100円ショップで見つけたものですが、穴がたくさん
開けてあるので、いいような気がします。欲を言えば、小鳥以外だと、もう少し全体が大きくないと、
容量不足の気がします。

> 残念ながら自分のPCでは動画が見れない状態です。
> どういうわけかYAHOO動画もエラーが出て見れなくなっています。

 コーデックと呼ばれる、動画の再生のためのプログラムが変わったか、壊れたか、正しく
ダウンロードされていないかなどが考えられます。以下の方法で、コーデックの更新・復旧を試みて
みて下さい。
[windows Media Player]の場合
1.メディアプレーヤー単体で起動し、
2.上に並んでいるメニューバーの「ツール」を選択。
3.オプションを選び、
4.開いたウインドウで、「プレーヤー」のタブをクリック。
5.「コーデックを自動的にダウンロードする」に、チェックが入っているか確認、入っていなければ入れる。
6.OKを押してウインドウを閉じ、いったんメディアプレーヤーを終了する。
7.これで動画再生を試みて、「コーデックをダウンロードしています」などと表示された後、
再生できれば完了です。

 一方、Quick Time Playerでも開けるはずです。
「アップル−Quicktime−ダウンロード」のページへ行き、そこからダウンロード・インストールした後、
1.「動画はこちら」などのリンク文字の上で、右クリック。
2.「対象を保存」などとして、パソコンの適当なところにファイルとして保存。
3.そのファイルをQuick Time Playerのアイコンにドラッグアンドドロップするか、
4.Quick Time Playerを単体で開き(ダブルクリック)、ファイル→開く→保存したファイル名
 …で再生できると思います。困ったことに、.avi形式の動画はいろいろな種類があり、
パソコンの環境によって再生できたり出来なかったりします。その他のプレーヤーとして、
DivXなどもありますが、うちのDivXで実験したところ、音が再生されませんでした。
なので…、お手数ですが、上の2つのプレーヤーで試して見て下さいませ。恐れ入ります。

 それではまた、そちらにもおじゃまします〜。

http://princesscomet.net/


[609] 鳩コンテンツ拝見しました。 投稿者:こでまり 投稿日:2009/01/23(Fri) 19:21  

すぎたまさん、こんばんは。

ピヨスケちゃんの写真、拝見しました。
初めて雛をご覧になった時、事前に鳩の姿を見ていなければ、これが鳩の雛だとお分かりだったでしょうか?
私は、初めて鳩の雛を見た時、何の鳥か分からなかったです。

鳩の餌いれの作り方、見ていて楽しかったです。
ハムスター用の餌入れも利用できるんですね。
何羽も、こっちにお尻を向けて食べているのが凄くかわいいです。

残念ながら自分のPCでは動画が見れない状態です。
どういうわけかYAHOO動画もエラーが出て見れなくなっています。

http://www7.ocn.ne.jp/~hatogoya/


[608] Re:[607] 第275話の感想 投稿者:すぎたま 投稿日:2008/10/13(Mon) 23:24  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> 昨日ギリシア出張より戻りましたが、ここ2ケ月近くもカキコせず、すみませんデス。ようやく第275話を読み終えましたので、感想を記しておきます。

 うわぁ、ギリシャですか、遠いですねぇ。お疲れさまです。

> 今回は内容も深く、大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆だと思います。特に景太郎パパの
> >:人間っていうのは、達成したい夢や希望が、たいていいく>つかあるものさ。そういうものだろ?。たった一つ、という>人は、まあ少ないかもしれない…。目標自体は一つだとして>も、それのまわりに、いくつかいっしょに達成したい目標が>あったりする…。
>
> >ああもしたい、こうもなりたいってさ、人間は思うものさ。…でも、結局そんなに全部は達成できないかもしれないな。こんなことを、若いケースケに言うのは、ぼくの気持ちとしては、うれしくないけど…。現実は意外と厳しい…。
>
> >:…どの望みを、一番かなえたいかということといっしょに、どういう形でかなえたいか。…それは、その本人が決めるしかないんだよ。酷なことを言っているかもしれないけど、ケースケ、もし誰かに指図されて、それでうまく行かなかったら、きっと後悔するだろ?。違うか?。
>
> >:世界一のライフセーバーになる。それは大きな目標であり>続けるだろう。だが…、その目標とともに、別な目標も見え>てきてしまった…。それが今のケースケなんだろうな…。…>世界一のライフセーバーになる目標を、いっしょにそばで見>届ける人がいて欲しいか、それともその想いを断ち切ってで>も、世界一になることのほうがまず優先なのか。…たとえ今>日明日答えが出ないとしても、お前自身で決めるしかない。>そのことは…。
>
> 等々の言葉、いいですね〜。ケースケとコメットさん☆の行く末については、違う立場から、こちらも考えてはいますが、まだ結論は出ていません。果たしてケースケはコメットさん☆と一緒に日本に残るのか?それとも一緒にオーストラリアに行くのか?または(「新コメットさんの日記」最終章のように)日本にコメットさん☆を残してオーストラリアに渡るのか?あるいは「星国のライフセーバー」として海ならぬ大宇宙に出て救助活動をする、壮大な冒険に挑戦するか(笑)、最終的には2人が決めることになると思います。

 このオリジナルストーリーでは、当然にしてこのあとの展開は、もう既に決まっておりますが、
それをここに書いてしまうと、つまらないですよね(笑)。なので、ここ数話のストーリーにご期待下さい。
コメットさん☆という人の責任感と、背負っている期待、それとケースケからの吸引力というあたりが、
カギになるのでしょうね。

> 275話以降の展開も、非常に楽しみですね〜。

 またよろしくお願いいたします。1月ぶりに第291話が出来上がりました。多忙で、ブランクが
開きすぎたせいか、うまくまとまっているのか、多少心配です。このあとは第293話へと
続きますが、第296話までは、かなりシビアな話が連続することになりそうです。今までで
最大のヤマと言いましょうか。まあ、「愛」とはどういう形をなすものか?という一つの問いに対する
一つの答え、ということになりましょうか。

 それでは、失礼いたします。

http://princesscomet.net/


[607] 第275話の感想 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2008/10/11(Sat) 20:01  

すぎたまさんへ
昨日ギリシア出張より戻りましたが、ここ2ケ月近くもカキコせず、すみませんデス。ようやく第275話を読み終えましたので、感想を記しておきます。
今回は内容も深く、大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆だと思います。特に景太郎パパの
>:人間っていうのは、達成したい夢や希望が、たいていいく>つかあるものさ。そういうものだろ?。たった一つ、という>人は、まあ少ないかもしれない…。目標自体は一つだとして>も、それのまわりに、いくつかいっしょに達成したい目標が>あったりする…。

>ああもしたい、こうもなりたいってさ、人間は思うものさ。…でも、結局そんなに全部は達成できないかもしれないな。こんなことを、若いケースケに言うのは、ぼくの気持ちとしては、うれしくないけど…。現実は意外と厳しい…。

>:…どの望みを、一番かなえたいかということといっしょに、どういう形でかなえたいか。…それは、その本人が決めるしかないんだよ。酷なことを言っているかもしれないけど、ケースケ、もし誰かに指図されて、それでうまく行かなかったら、きっと後悔するだろ?。違うか?。

>:世界一のライフセーバーになる。それは大きな目標であり>続けるだろう。だが…、その目標とともに、別な目標も見え>てきてしまった…。それが今のケースケなんだろうな…。…>世界一のライフセーバーになる目標を、いっしょにそばで見>届ける人がいて欲しいか、それともその想いを断ち切ってで>も、世界一になることのほうがまず優先なのか。…たとえ今>日明日答えが出ないとしても、お前自身で決めるしかない。>そのことは…。

等々の言葉、いいですね〜。ケースケとコメットさん☆の行く末については、違う立場から、こちらも考えてはいますが、まだ結論は出ていません。果たしてケースケはコメットさん☆と一緒に日本に残るのか?それとも一緒にオーストラリアに行くのか?または(「新コメットさんの日記」最終章のように)日本にコメットさん☆を残してオーストラリアに渡るのか?あるいは「星国のライフセーバー」として海ならぬ大宇宙に出て救助活動をする、壮大な冒険に挑戦するか(笑)、最終的には2人が決めることになると思います。

275話以降の展開も、非常に楽しみですね〜。

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[606] Re:[605] おめでとうございます 投稿者:すぎたま 投稿日:2008/08/18(Mon) 13:26  

 輝きの求道者さんこんにちは。

> お陰様で本館開設5周年を迎えました。アクセス数もようやく2万近くに達しました。

 オオ、おめでとうございます。アクセスも2万ヒットですか〜。
 ウチのアクセスは、みなさん直接各ページに飛んできてしまうのか、トップページのカウンタが
なかなか上がらないです(笑)。サーバーのログで見ると、まあそれなりなんですけどね(苦笑)。

>コメットさん☆のパロディ小説は当初は最大20人位が書いていたと思いますが、現在では数名となっており、特にアフターストーリーは多分世界でもすぎたまさんと私の2人だけではないか

 イマジンカイザーさんが…(ぼそ。まあしかし、事実上私ら数人になってしまっていることは
確かなことですよね。他の方々が、次々と更新停止されるのが残念ですが、それぞれのお考え
でしょうから、致し方ないでしょうね…。
 私自身としては、正直180話分以上書くことになろうとは考えておりませんでした。

>「新コメットさんの日記」はようやく最終章に達していますが、ここまで書き続けることが出来たのも、すぎたまさんとその素晴らしい作品の存在が大きい、と思っています。

 いえいえそんな…(笑)。継続は力なりということなんでしょうね、やっぱり。

> 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。272話以降、また読み終わりましたら感想をカキコしたいと思います。

 こちらこそよろしくお願いいたします。このところで一つの山のストーリーになるかと思いますが、
それだけになかなかまとめるのが大変ですが、がんばります。
 この先の予定としては、現在第289話を書いています。雨降りの春一番の話です。真夏に真冬の話を
書くことになっていて、なんだか変なんですが(苦笑)。その次は第290話で多少はラブストーリー風味
かな?というところでしょうか。
 一方、その他の話題としては、「ヨタ話」にネタを追加したいのと、地名集、黒岩マネージャーの車の推定
などを進めたいと思っています。しかしこのところの暑さで、パワー減退気味…。
 それでは、またよろしくお願いします〜。

http://princesscomet.net/


[605] 開設5周年を迎えました 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2008/08/17(Sun) 23:44  

すぎたまさんへ
お陰様で本館開設5周年を迎えました。アクセス数もようやく2万近くに達しました。コメットさん☆のパロディ小説は当初は最大20人位が書いていたと思いますが、現在では数名となっており、特にアフターストーリーは多分世界でもすぎたまさんと私の2人だけではないかと思います。「新コメットさんの日記」はようやく最終章に達していますが、ここまで書き続けることが出来たのも、すぎたまさんとその素晴らしい作品の存在が大きい、と思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。272話以降、また読み終わりましたら感想をカキコしたいと思います。

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[604] Re:[603] 271話の感想 投稿者:すぎたま 投稿日:2008/07/22(Tue) 23:57  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> ようやく271話を読み終えましたので、以下に感想を記します。

 いつもありがとうございます。お疲れさまです(笑)。

> まず、全体的に読みやすく、自然で、かつ、コメットさん☆、プラネット王子、ミラさんの微妙なこころの動きが非常に良く書けていると思います。特に
> > >コメットさん☆は、そう言ってみたものの、それはウソだと自分でも思った。―中略―やはり恋心にも似ているし、そうではないとも思えるし、境目がはっきりしないのだ…。
> > ラストのこの部分、「境目がはっきりしない気持ち」が非常に良く表現されていて、大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆☆です。

 ありがとうございます。まあ、なんといいましょうか(笑)。プラネット王子も、やはり
成長する一人の少年から青年なのだ、ということなんでしょうかね。
よくあの「50の質問」というのがありますが、あれに「誰が一番成長したと思うか」問う問題がありますよね?。
結局全ての人が、ということなんではないかと思うのです。コメットさん☆のみならず、メテオさんだけでもない。
そしてツヨシくん、ネネちゃんだけじゃないし…、ましてや大人は成長しないかと言えば、成長というのとは
違うかも知れないけれど、進歩はするというか…。そういうように考えると、まあ当然プラネット王子も…
ということでしょうか。そのプラネット王子が「かがやき」を放つとき、それを見てコメットさん☆は
どう思うのか。そんなことを書いてみたいとは、かねてより思っておりました。

> > > >誰のって…、プラネット王子の。
> 一方、この部分は普通は
> 「誰のって…、あなたの」
> となると思うのですが、コメットさん☆の場合はこれで良いのでしょうか?ご見解をお聞かせ下さい。

 ここは実は多少検討したところなのです。もちろん「あなたの」と言ってしまうことも
考えました。しかし、女性が「あなた」というと、多少「夫」を呼ぶときに使う場合が多いと思い、
ファミリー向けの作品としては、ここは無難に「人名」とした次第です。
ファミリー向け路線というのは、案外描けないところがあると言えます。あまり濃密なことは書けないとか、
子どもが読む場合(あれは実放送の延長という立場ですから)も考えないとなりません。そうすると、
表現内容は何事も抑えめにならざるを得ないということもありますし、それで困ることはないはずです。
ですが実際は、この作品が描き出した世界観の一部に、恋愛に関することがらが含まれ、それが
コメットさん☆たちの心身の成長と関連するとき、どのように描くかということが、意外と問題になってきます。
まあいままでそういう路線で来たのですから、今後もそれで書ききる覚悟です(笑)。

 またよろしくお願いいたします。現在第286話が出来上がり、第288話の構想を練っているところ
です。鎌倉の花屋さんで売っているスイセンを巡る話になりそうですね。それでは〜。失礼します。

http://princesscomet.net/


[603] 271話の感想 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2008/07/21(Mon) 13:22  

すぎたまさんへ
ようやく271話を読み終えましたので、以下に感想を記します。まず、全体的に読みやすく、自然で、かつ、コメットさん☆、プラネット王子、ミラさんの微妙なこころの動きが非常に良く書けていると思います。特に

>コメットさん☆は、そう言ってみたものの、それはウソだと自分でも思った。―中略―コメットさん☆は、彼がもう前の彼ではなく、ささやかながら、みずからかがやきを探し、かがやきを放ち、夢を追う少年になったことを知った。彼の人柄がわかって、日常的に接するようになると、ケースケやツヨシくんとともに、「好き」と呼んでもいい男の子になっていた。そんな時間はずっと続くと、心のどこかで思っていたから、今度のことを、さらりと割り切れる気持ちには、まだなれなかった。コメットさん☆は、確かに見たのだ。プラネット王子の横顔に、「夢に向かう勇気」のかがやきを。立川奉三郎さんに励まされたプラネット王子の放つ、強いかがやきを。それはまるで、ケースケのよう…。プラネット王子のことを、誰よりも好きとまでは、思ったことはない。それでも、そのかがやきを見てしまうと、あこがれる気持ちがまた芽生える。その気持ちは、やはり恋心にも似ているし、そうではないとも思えるし、境目がはっきりしないのだ…。

ラストのこの部分、「境目がはっきりしない気持ち」が非常に良く表現されていて、大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆☆です。


>誰のって…、プラネット王子の。
一方、この部分は普通は
「誰のって…、あなたの」
となると思うのですが、コメットさん☆の場合はこれで良いのでしょうか?ご見解をお聞かせ下さい。

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[602] Re:[601]いらっしゃいませ 投稿者:すぎたま 投稿日:2008/07/14(Mon) 23:34  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> 久々にここに来てみたら、何と2ケ月以上もカキコしてなかったことがわかりました。(苦笑)近いうちにストーリー原案の感想をカキコしたいと思います

 ぜひお待ちしています。よろしくお願いいたします。

 このところは、かなりストーリー的にシビアな部分にかかるため、あまり前に進んでおりません。
一応第286話を進めておりますが、発表は来週半ばくらいになる予定です。もう少しペースを上げたい
ところなのですが…。文字数が増えているので、どうしても時間がかかり…。他のコンテンツも
控えておりますし…。

 またよろしくお願いいたします。

http://princesscomet.net/


[601] ごぶさたしております 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2008/07/14(Mon) 07:31  

すぎたまさんへ
久々にここに来てみたら、何と2ケ月以上もカキコしてなかったことがわかりました。(苦笑)近いうちにストーリー原案の感想をカキコしたいと思います

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -