海洋紀行 総合掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル  
コメント
参照先
パスワード (記事メンテ用)

[577] Re:[576] ありがとうございます 投稿者:すぎたま 投稿日:2007/08/07(Tue) 02:00  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> イラストを送って頂き、どうも有難うございました。

 いえいえ。毎年恒例ですから〜。

> 本館トップ絵にさせて頂きました。

 えええええ!!。…拝見しました…。トップ絵ですか。気恥ずかしいような…(苦笑)。
ありがとうございます〜。

> 小説の感想の方も
> そのうち書かせて頂きたいと思います。

 ぜひよろしくお願いします。最近は、さすがに毎週1話ペースというのは無理で、
根詰めすぎになるため、10日で1話くらいにしています。そうすると、どんどん
ズレがひどくなるんですけどね…。今後少しストーリーに起伏が大きくなるかと
思うので、少しじっくり書いていきたいとは思っています。

 それではまたよろしくお願いいたします。当面、第251話を進めます。景太朗パパさんの
「出張」についていき、遅めの花見をするコメットさん☆の話です。

http://princesscomet.net/


[576] 2ケ月ぶりのカキコです 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2007/08/05(Sun) 22:46  

イラストを送って頂き、どうも有難うございました。
本館トップ絵にさせて頂きました。小説の感想の方も
そのうち書かせて頂きたいと思います。

http://mypage.odn.ne.jp/home/kagakaki


[575] Re:[574] こちらこそすみません〜 投稿者:すぎたま 投稿日:2007/06/03(Sun) 00:24  

 輝きの求道者さんこんばんは。

> > >がーん....._| ̄|○ 、「全国」って書いてある…(苦笑)。ここは「世界」の間違いです。
> だからオーストラリアの国内大会のように読めるんですね。今再度読み直して
> >わかりました。…あとでささっと直しておきます(爆)。
> > そ、そうでしたか。最初に読んだ時、「世界大会」の誤りではないかとも思ったのですが、「すぎたまさんなら大丈夫(そこは間違えてはいない)だろう」と思ったもので〜(笑)。これなら十分世界一になれますね。ちなみに、ケースケのライフセーバーの大会の様子については、自分もいつかちゃんと調べた上で、詳しく書いてみたいとは思っています。

 ご指摘ありがとうございました。こんな見落としをしていたなんて…。
恥ずかしすぎます…(恥)。アレコレ調べて、最後に間違えて打って、
そこで意味がおかしくなるとは(笑)。

 なかなかライフセービングの歴史は、興味深い物がありますね。最近
雑誌も新創刊されたようですし。ケースケも毎号とっているのでしょうか(笑)。
 しかしまあ、ケースケのような人物がいなければ、私らもそういう世界に
興味を持たなかったかもしれないので、彼には感謝しなくてはなりますまい(笑)。

 既に修正はすませました。今晩中には、第11話に登場する七里ヶ浜についての
コンテンツを全面的に改訂します。
 またよろしくお願いいたします。それでは。

http://princesscomet.net/


[574] レスありがとうございます。 投稿者:輝きの求道者 投稿日:2007/06/02(Sat) 19:06  

すぎたまさんへ

>がーん....._| ̄|○ 、「全国」って書いてある…(苦笑)。ここは「世界」の間違いです。
だからオーストラリアの国内大会のように読めるんですね。今再度読み直して
>わかりました。…あとでささっと直しておきます(爆)。

そ、そうでしたか。最初に読んだ時、「世界大会」の誤りではないかとも思ったのですが、「すぎたまさんなら大丈夫(そこは間違えてはいない)だろう」と思ったもので〜(笑)。これなら十分世界一になれますね。ちなみに、ケースケのライフセーバーの大会の様子については、自分もいつかちゃんと調べた上で、詳しく書いてみたいとは思っています。


[573] Re:[572] 世界一になれる(優勝すれば)んです 投稿者:すぎたま 投稿日:2007/06/02(Sat) 13:05  

 輝きの求道者さんこんにちは。

> ようやくやっと感想をカキコ出来ました。遅くなりましてすみませんです。

 いえいえ。データに不具合がまだ残っており、申し訳ありません。cgi関係は、
すんなり作動したのですが、ファイルのアップロード失敗は、まだあるようです。
しかも、htmlファイルの類は、一見正常にアップされているかのように、
ログに残らないので、困りものです…。

> > いや〜今回も大変素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆で、自然で読みやすかったです〜。特に
> >ケースケ:そーだなぁ。まあ、じゃちょっと見るか、プラネット。
> >プラネット王子:うん。まあな。どれどれ。
> ケースケとプラネット王子は、その心とは裏腹に、いかにも「仕方なく」という口振りで、ツヨシくんのカメラを手に取っ>た。そして次々に再生してみる。
> などのケースケ&プラネット&ツヨシくんの3人のやりとり、
> 楽しませてもらいました(笑)。ウマイですね〜〜。

 ここのところは…、まあある程度の年齢になると、異性を相手には、
出来ないことがある、ということなのですが、無邪気だったコメットさん☆も、
だんだんそういうことを意識する年齢にもなるだろうし、他の二人(ツヨシくん以外の、
という意味)も同様でしょう。まあそんな「立場」の違い?も、少しは鮮明に
なったかなぁ?という気はします(笑)。見たくて仕方がない二人と、まだ
あんまりどういう意味かわからないツヨシくん。そんな対比が、少しは見えればなぁ…
というところでしょうか(笑)。

> また、ツヨシくんの「アシスト」の部分の表現も素晴らしい輝き☆☆☆☆☆☆☆だと思います。

 当初の予定では、あそこまでツヨシくんが…ということは、考えていなかったのですが、
だんだん知恵も付いてくるツヨシくん。妹と、姉であり恋人であるコメットさん☆の
助けになることなら、さっと自分から動くだろうなと考えたとき、もう彼は
自ら「動いて」いるようなものでした。

> > >ずっと前に景太朗パパさんが買ってくれた、天井に7色の光が輝くイルミネーション。ゆっくりとしたその動きを、しばらく見ていたが、疲れているはずなのに、今日はなかなか眠くならない。コメットさん☆は、そっとベッドから降りると、さっきチェストにしまった、あの真っ白な水着をまた取り出した。そしてそれを持って鏡の前に行く。薄暗い中で、イルミネーションのいろいろな色の光に照らされる、真っ白な水着を肩のところで持って、自分の体に当て、鏡に映して見る。そんなコ>メットさん☆のしぐさはかわいらしい。
> そして、このラストの部分も、とてもいいですね〜。

 ありがとうございます。ここは正直、普段着にも気を使うコメットさん☆というのを
描いてみたかったというのもありますが。読者によって、評価の別れるところかなぁ?
という気もしないではないです。恥ずかしがり?のコメットさん☆としては…?。

> > ただ、唯一
> >(ケースケ:それが終われば…、来年の3月には、オーストラリアで全国大会だ。それに代表として出るには、今度の大会に勝たないとならない。)
> コメットさん☆:代表って…。それじゃあ、世界一になれるかも!?。)
> この部分ですが、オーストラリアであるのは世界大会ではなく、全国大会(全日本)なので、ここで優勝しても日本一にしかなれません。

 この話の舞台になった年は2005年ですが、ケースケが参加資格を得て出場したい
としているのは、「世界サーフ・ライフセービング選手権レスキュー2006」という
実在の世界大会がモデルです。これは一応調べました。
 2006年2月には、オーストラリアで2年に一度開かれる、ライフセービングの
世界大会が「世界サーフ・ライフセービング選手権レスキュー2006」として
開かれました。ここに出場したい、という設定です。ちなみに次回大会は
2008年になりますね。なので、世界大会で優勝すれば、一応世界一ということになると思えます
(それ以外に世界一というのは?)。もちろん物語としては大会の開催時期や、
本来団体戦が主ではないかと思える部分などを、かなりアレンジしています。
それと、それまでの細かい予選の勝ち抜きや、2004年にあった日本国内での
世界大会などは、必要最小限しか書いていませんし、多少の矛盾も含んでいるかも知れません。
そこを延々と厳密に描写するのが、この作品の主題ではないものですから、
物語としてあまり不自然がない程度には、アレンジしています(と言うか、せざるを
得ません…)。
 冒頭のシーンで、ケースケが秋の国内大会で優勝したいとするシーンがありましたが、
この片瀬東浜の大会も、実際の国内大会をモデルにしています。
それが世界大会(作品中で「サーフレスキュー」と呼んでいる大会)の選考会を兼ねている、
という設定です。
 これは物語ですので、多少のアレンジは入っていますが、基本的に、
実際のモデルになったところ、または物事に基づいて設定を行っているのは、
実放送と同じスタンスとしています。

 しかーし!。ここの部分、輝きの求道者さんがおっしゃるように取れる箇所を
発見しました。ここですね↓。
> ケースケ:それが終われば…、来年の3月には、オーストラリアで全国大会だ。
 がーん....._| ̄|○ 、「全国」って書いてある…(苦笑)。ここは「世界」の間違いです。
だからオーストラリアの国内大会のように読めるんですね。今再度読み直して
わかりました。…あとでささっと直しておきます(爆)。調べておいた割には、
お粗末な間違いで申し訳ないです....._| ̄|○ 。ああ恥ずかしい…(苦笑)。

 余談ですが、調査の過程で面白い記述を発見しました。
ttp://www.plus-blog.sportsnaviドットコム/buruta/article/45
ここのブログ(頭にhを補い、「ドットコム」を英文字に直して下さい)、中段下あたりに、
ライフセーバー9箇条みたいなのが転記されています。これによってケースケを「採点」すると…。
2、3、7、9が…(以下略)。ああああ…(苦笑)。ま、がんばりや、ケースケ(笑)。

 オーストラリアは、ライフセービング発祥の地ですので、世界大会は多くが
ここで開かれるようです。もちろんオーストラリアの国内大会も、
「サーフライフセービング・チャンピオンシップス」など、いくつも開かれます。別の理由としては、
「星のトレインの謎とコメットさん☆はモナコに行ってない!!」でも触れたように、
気候がヨーロッパなどより、比較的年中温暖・良好であるということが挙げられるかと思います。
ともあれ、混乱させて申し訳ないです…。

> > しかし、この他に気になる所はなく、良かったと思います。この後の話にも(この後読ませて頂きますが、)期待します。

 ありがとうございます。これからもぜひよろしくお願いいたします。
 当面の予定としましては、オリジナルストーリー第242話を進めます。
いよいよケースケが、オーストラリアの世界大会「サーフレスキュー」に
出場するため、1週間ほど旅立ちます。これが今後どう影響するか…。主として
人間関係に…。
 一方、実放送第11話に登場した七里ヶ浜についての部分を、大幅に改訂
します。これは今夜くらいに出来上がると思います。
 またよろしくお願いいたします。それでは、失礼いたします。

http://princesscomet.net/


[1] [2] [3] [4] [5] [6]

処理 記事No パスワード
- LightBoard -