ブログ「Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記」による誹謗中傷行為とそれへの対応についての経緯

 私すぎたまは、鉄道模型を趣味にしておりますが、Nゲージ(1/150縮尺)については、小さすぎて余裕も迫力も無い、走行音が気に入らないという個人的な感想と理由で、未成年の時から全く収集・運転をしておりません。ですので、Nゲージに関する事情は、全くわかりません。
 そのような中で、私の友人であり、リンクもしているyaneura-Z氏という人物がいます。彼はHOゲージ(1/80縮尺)鉄道模型関連の製作関連の主として技術論を扱うブログを公開しておりますが、このブログは、ムラゴンという会社が運営する「にほんブログ村」に参加し、アクセスランキングに参加しています。これはおそらくお店(氏は貸しレイアウトを運営)をやっていく上で、また自己の模型作品製作をする上で、参考になりそうなことについて、広く皆さんに知ってもらい、皆さんの模型製作や、運転の参考にしてもらうべく、どのくらいアクセスがあり、おおよそどの程度の注目度なのかについて計ろうと考えたのだと思われます。

 ところが、彼の参加している「にほんブログ村」は、独特なアルゴリズムでアクセスランキングを算出(方法は非公開)しているらしく、アクセスが少し多いと、いきなり順位が急上昇したり、ブログの更新速度が遅くなると、アクセスが一定量あっても、急激にランキングが低下するなど、もともとよくわからない挙動が見えます。
 彼のブログランキングは、かなり初期から上位に食い込むようになり、最近はトップを走っている様子が見て取れました。これは、おそらくHOゲージ鉄道模型の運転を、常にしている人はNゲージに比べて極端に少なく、逆にそれが「定常的に模型を走行させている人」であるyaneura-Z氏に注目していて、その結果ランキングが上がっているのだと推察できます。しかし、詳しいアクセスに伴うポイントの算出方法は、ムラゴン社が非公開としている以上、私たちにはよくわかりません。
 そのような中、ランキングの上位にずっといるyaneura-Z氏について、「Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記」のオーサーであるlofthonsen(露太本線)氏が、2019年3月19日頃から、
https://lofthonsen.muragon.com/entry/608.html
このように、yaneura-Z氏が「ランキングに対して、不正な人為的操作を加えているのではないか」との疑念を抱き、確たる証拠が無いにもかかわらず、ひたすら「トップに居座っているから不正をしているに違いない」という論理で、誹謗中傷を始めました。その物言いはかなり失礼かつ、挑発的、犯罪的であり、見ていてとうてい納得できるものではありませんでした。
 しかし、この時点(2019年4月4日)では、
https://lofthonsen.muragon.com/entry/614.html
コメント欄に「穏便な指摘」をしたつもりだったのですが、その後はyaneura-Z氏はもちろん、私にも誹謗中傷をするようになり、さらにはこちらのレスコメントを削除したのに、それを切除して別ページに掲載するという、「著作権侵害行為」まではたらくようになりました。なんでも、「弁護士」に相談したところ、「ブログのコメント投稿は、『思想・感情を創作的に表現したもの』ではないから、著作権は宿らない」旨回答があったそうです。…うーむ、そんな不可解なことを言う弁護士っていますかね。

 こうなりますと、当方としても、黙って見過ごすわけにもいきません。元々「根拠の無いことを、あるかのように言いつのり、やがてあることにしてしまう」ことから発している問題なのに、あまつさえ、短慮からそれに感化された取り巻きの人々も、重ねて私をも誹謗中傷したり、私の名誉を傷つけるような発言を繰り返しています。

 本件は、純粋にシステム的な問題によるもの(ランキングの作成では、何か独特なアルゴリズムがあるようで、inとoutそれにPVポイントがありますが、いずれも1回のアクセスが1ポイントではないようです)であり、確かにランキングを不正操作する請負会社の存在は確認されているようですが、yaneura-Z氏がHO鉄道模型の技術論を語るのに、そんなランキング操作を必要とするはずもなく、そもそもなぜyaneura-Z氏にだけ疑問を持つのかもわかりません。にほんブログ村のアクセスランキングの、アルゴリズムを知りうる立場でないと、不正をしている人を、公に認めうるように特定することは出来ないはずです。
 そうした理屈には、完全に目をつぶっているのか、単純にわからないのかは不明ですが、私にも言われなき中傷の火の粉が降りかかるとすれば、全力で、あらゆる方法を用いてその火の粉は振り払おうと思うのは必然かと思います。

 当面、ムラゴン社の事務局には、本件は通報してあり、今後どのような対応が取られるのかによって、lofthonsen氏他にどのような責任を取らせるのかを決めようと思います。

 一応、lofthonsen氏他にも、反論や議論の場を与えるべく、掲示板に簡単な経緯と投稿したコメントなどを掲載いたしております。必要と思われる方は、総合掲示板もご覧下さい。
 

以上2019年5月11日。すぎたま記。