国鉄・JR203系電車

 国鉄203系は、かねてより営団地下鉄(当時)から要請のあった、地下鉄線内で発熱の少ない車輌として、それまで千代田線乗り入れ用に使われてきた103系1000番台の置き換え(第一編成のみは、運用増による純増備車)のため、製造されることになったアルミ製の電車です。
 技術的には201系で培われた「電機子チョッパ制御」を採用することで、抵抗器を廃止し、回生ブレーキを常用することとし、当時としてはトンネル内での発熱抑制、システム的な近代化が図られています。また軽量化にも意を払っており、アルミ車体の採用と、付随車の徹底的な軽量化により、201系に比べるとかなりな軽量化を達成しています。また多少チョッパ装置が、201系に比べて簡素化されています。増備車では当時実用化が進められていた「ボルスタレス台車」を採用、チョッパ装置をさらに簡素化し、100番台としています。
 製造以来、ずっと松戸電車区に配置され、引退まで活躍することとなりました。そのような203系は、意外に地味な活躍であった印象ですが、提供画像も含めて可能な限りご紹介したいと思います。

 なお、203系で特筆するべき事件として、「地下鉄サリン事件」があります。地下鉄各線で猛毒の「サリン」がまかれ、多数の死者や重傷者を出すという未曾有の「地下鉄を使ったテロ」でありました。このうち千代田線では、JRから営団地下鉄へ乗り入れていた、松戸電車区67番編成の先頭車、クハ202−107号車内で「サリン」がまかれ、駅助役と応援助役の2名が死亡。多数の重軽傷者を出しています。事件から20年以上が経過したこともあり、この車についても、今まで公開されていないような画像も含めて、別にページを立ててご紹介することにします。


203系第一編成新製直後の画像

 新製直後、川崎重工から首都圏に回送されるクハ203−1他10連。鷹取駅にて。Fコレクションより。1982年8月。
 登場時、正面の右上には当然ながら「国鉄」のマーク、「JNR」が掲げられています。後の国鉄分割民営化では、この表示の上に黒いシールを貼り、さらにその上に「JR」のマークが貼られました。
 第一編成は、側面幕板部に「地下鉄乗り入れ車」であることを示す、「青いJNRマーク」が無く、車号がエッチングプレートになっており、青緑色の文字で車輌番号が記入されていました。
 ドアは一貫してアルミハニカムドアが採用されていますが、振動によるばたつきがうるさく、ここはステンレスドアのほうが良かったようです。冷房装置を最初から搭載して登場していますが、ステンレスキセのAU75Gを搭載し、地下鉄線内でも冷房を稼働させていました。その他変わった構造なのは、側面外板をやや高い位置まで立て、そこに屋根部を落とし込むように接合して、間の部分に雨樋を隠すという、かつて72系920番台や、101系試作車などに採用された方式に準じており、側面の清掃が楽なように改良されています。台枠部の側梁に当たる部分が露出しており、外板とは台枠上面位置で接合するという、モハ63形→72系改造車に見られるような構造に、簡略化もされています。戸袋窓は、201系と異なり廃止されています。
 福岡市営地下鉄開業時、筑肥線と相互乗り入れするにあたり、本車の増備が検討されたことがありましたが、筑肥線内の列車運転間隔がやや長いことから、回生ブレーキが十分に働かない(負荷になる電車が少ない)懸念があったため、結局彼の地へは103系1500番台が新製投入されています。
 今から見ると、案外角張った印象の電車ですね。そこは201系とかなりデザインの方向性が違う気がします。登場当時、模型誌では、「シャム猫」などとあだ名されておりました。

(以下続く)


戻る 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ テロ「地下鉄サリン事件」と203系のページへ