UR都市機構による強制退去の法的措置とその不当性について続き


<家を探す>
 さて、URが「もうおまえらには家は貸さない」と言っているわけですから、別な家を探さなくてはなりません。楽しい楽しい家探しの始まりというわけです。
 さしあたり決めなければならないのは、賃貸か、持ち家か。マンションか、一戸建てか。中古か、リニューアルか、新築か、というようなこととともに、「目的エリアをどこに設定するか」でしょう。
 当初は、とりあえず近くの賃貸マンションなどに一時転居し、そこからもう少し時間をかけて本格的に探すなどということも考えました。しかし、それは引っ越しなど二度手間ですし、あまり得策とも思えません。そこでまずは、新聞のチラシ、ネット、看板が出ているところなどは直接行ってみる、不動産屋に登録して情報をもらうというように、「網を張ること」から始めます。また当時の友人に、不動産屋に勤務している者がいたので、その友人の意見も参考にしました。
 転居することを真剣に考えていたことは、既に書きましたが、賃貸に住み続けるつもりなのか、持ち家にするのかすらはっきりとした方針を決めていないなど、そのあたりのイメージはいかにも漠然としたものでした。しかし、そんなことは言っていられなくなりましたので、少しずつイメージを絞り込むこんで行くこととしました。
 前年夏の旅行時に、西伊豆・松崎町の不動産屋さんには、既に登録してありましたので、再度そちらにも「何かいい物件は無いか」問い合わせるとともに、近くの不動産屋さんに登録をします。幸い小田急線沿線ですから、「小田急不動産」の支店は経堂にもあります。そういったところに登録をしますが、得てして不動産屋さんは、超高速で紹介したがるものなので、「そう簡単には決められないので、夜討ち朝駆けのような営業はしないで欲しい」旨は、きちんと伝えておく必要があります。そうしないと、へたをすれば朝の8時過ぎからじゃんじゃんと電話が鳴り、FAXがガーガーとうなりを上げることになります。
 登録関係は1件ではだめで、数件は登録しておいた方がいいようです。実際浜田山の路上でマンション販売のチラシを配っていた業者や、小田急不動産2カ所、友人筋の不動産屋さん、その他に登録しました。

 浜田山の不動産屋さんには、いろいろな「ちょっと風変わり」な物件も出ています。また小田急不動産の広告も店頭に行って見ました。

不動産屋広告の例

 まずは箱根の売り別荘。生活圏として問題が無ければ、こういう物件を買うのも手ですので、一応考慮には入れました。特に悪くは無いと思いますが、壁が延長した形に描かれているのはなぜでしょうね。立地がどうか、また気候は都内よりずっと寒いところなので、そのあたりがどうか、周囲の様子をよく確かめる必要があるケースかと思います。

不動産屋広告の例

 新築です。経堂からそう遠く無く、各部屋とも南面しており、そこそこ良さそうです。こういう広告をよく見て、自分たちに必要な家の広さ、土地の広さ、部屋の数などをイメージしていきます。

不動産屋広告の例

 浜田山の不動産屋さんにあった賃貸物件の広告から。賃貸で割と広そうなメゾネットでも、杉並区浜田山なら、218000円で借りられるという例です。91.90平方メートル。66平方メートルで175000円くらい払うのと、どっちが得か…。UR団地のアドバンテージは無さそうですね。

不動産屋広告の例

 高井戸駅と浜田山駅の真ん中あたりにあるタウンハウスの例。ペット可です。これで198000円の賃料です。あまり部屋は広くはないものの、UR団地よりはずっと広く、「ペット相談」を始め条件は良いです。

不動産屋広告の例

 3LDKの賃貸メゾネットの例。79.47平方メートル。フレール西経堂近くの売りマンションとそれほど変わらないくらいの広さということです。これで賃料225000円。高く思えますが、駅から近いためでしょう。ピアノ可の物件がやや多く感じるのは、どうしてでしょうね。近くに音大があったりするわけでも無いと思うのですが。駐車場付きというのも、人によっては重要な条件でしょう。

不動産屋広告の例

 高井戸駅近くのテラスハウス物件。178000円ですが、これはそれほど広くありません(71平方メートルちょっと)。しかしフレール西経堂と同等な賃料で、片や駅遠団地、片や駅近テラスハウス。当然周辺環境などがかなり異なるので、単純比較は出来ないとしても、今までいかに「情報弱者」だったか、考えさせられてしまいます。
 結局、このような物件広告を参考に、また友人の意見などを聞きますと、この時点での当家が要求する「住宅の性能」は、
1.少なくとも今より広く、マンションなら75平方メートル以上、一戸建てなら土地120平方メートル以上
2.集合住宅よりできれば一戸建て
3.中古と新築にはこだわらない
4.賃貸よりは持ち家
5.今の生活環境(特に利用商店や医院など)を大きく変えてもかまわない
6.予算の概算。賃貸なら毎月の家賃上限(22万円くらいまで)、持ち家なら希望価格(おおよそ4000万円から5000万円に設定)
…といったところであることがはっきりしてきました。今後これらの条件は、少しずつ変化していくことになりますが、その時点時点でまとめてみることは、重要なことと思えました。

 とはいえ、まだこの段階では、あまり絞り切れてないのも事実ですので、浜田山駅近くで営業活動をしていた不動産屋さんに、神田川近くの低層マンション物件に「売りに出ているものは無いか」訪ねたり、その不動産屋さんが売っている物件のパンフレットをもらったり、近くのマンションを見に行ったり、オープンハウス(日にちを決めて、空き家の物件を内覧させる営業方法)になっているところを見たり、不動産屋さんの案内で、三鷹市牟礼の物件を見に行ったりということは、積極的にしていました。何しろ、御用弁護士が設定した期限は、6月末なので、あまり時間をかけてもいられません。中には神田川近くの物件を照会したところ、「建築基準法違反物件」なのでと、案内を断られたりする一幕もありました。
 一方で、遠方の物件はどうなのか、ネットを中心に検討しました。つまりネットであたりを付け、その地域に強い不動産屋さんにネット上から登録。そうするとたいてい電話がかかってくるので、こちらの条件を伝えます。遠方であるということは、意外とメリットが大きいです。例えばそれは「安い」。
 別に当家は、通勤する仕事をしていないので、駅から遠くても、東京から遠くてもいっこうにかまいません。伊豆・松崎でも良いとしたのも、そのような理由によるものです。これは「まれに見る好条件」であると、不動産屋勤務の友人から聞きました。

遠隔地のマンション広告

 東京から電車で1時間くらいの距離まで離れれば、マンションの一室もこの位の広さでこの値段という例です。ただ、管理費が月額39747円、修繕積立金16561円と、それなりの金額がかかります。これは持ち家の一種なのに、家賃のごとくかかるお金として、集合住宅では避けられない支出になります。それと、この物件では、築年が「昭和63年」とやや古いのも気になります。

遠隔地のマンション広告

 これは同じような場所にある、低層マンション物件の広告例です。価格は都内よりかなり安めですが、狭いのが難点。ただペット可、管理費が比較的安いなどの特徴があります。
 この種の集合住宅系の管理費と修繕積立金は、無視できない問題です。もちろん、一戸建てでも修繕はしていかないと、すぐに老朽化が起こりますので、常にある程度のお金は用意しておく必要があったり、管理会社に任せられないために、全てが自己責任の世界であったりと、集合住宅系が一概に条件良くないとまでは言えませんが…。
 それでも試しに、上の物件の管理費と修繕積立金が年額でいくらになるのか計算してみます。
39747+16561=56308円。それが12ヶ月で675696円。20年住むと(途中で値上がりなどが無いとして)実に13513920円。20年で1300万円を超える金額とすると、一戸建ての管理や修繕にかかるお金の20年分と比してどうなのか。これはかなり迷いを感じます。
 ついでに下の物件だとどうか。
16400+17340=33740円。12ヶ月で404880円。20年で8097600円。20年だと上の物件より500万円ちょっと安いですが、やはり800万円を超える金額です。
 この管理費と修繕積立金の関係は、正直集合住宅の購入に強いためらいを感じる理由の一つになりました。さらにそれは、一戸建ての優良な物件が少ない都内から離れた方がいいのではないかという思いも強くしたのです。単純に、「鳩に餌やったから出て行け」と言われる集合住宅の、最近の窮屈さにうんざりして、もう「集合住宅は選びたくない」と思ったこともありますが…。
 また築年数が古い中古マンションは、今後修繕をどうするのか、管理組合がどのレベルで機能しているのかということも心配です。
 それらを総合的に判断すると、まず賃貸・持ち家ともに集合住宅系は原則選択しない方針に転換することになりました。
 これで上にあげた当家の条件は、
1.一戸建てで土地120平方メートル以上・建物100平方メートル以上
2.中古と新築にはこだわらない
3.原則持ち家
4.今の生活環境(特に利用商店や医院など)を大きく変えて、遠方でも良い
5.予算の概算はおおよそ4000万円から5000万円として探す
…というように変化していきました。

(以下次号。書かれている内容は予定稿のあらましです)

<家を買うとはどういうことか>
 家を購入するということで、抱えるリスクというものがあります。また一方、それによって解放される制約というものもあります。それぞれのメリット・デメリット等を交え、一戸建てを所有するということによってもたらされる意識の変化のようなことを、考えてみたいと思います。

<UR破綻の可能性と国民が負うリスク>
 URは、本体の経営状態があまり良好と言えず、民営化の論議や、分譲事業からの撤退など、明るい未来があるとは思えない状況です。いずれ赤字の処理をしなくてはならない一方、別財団を作って、黒字の事業部門をそこに丸投げすることによって、本体を必要以上に赤字に見せかけているなどという見方もされています。それらが事実として、今後少子高齢化や、郊外住宅のスラム化、過疎化などが進めば、UR破綻というのも、現実味を帯びてくるかもしれません。そうしたとき、「公的資金」の名の下に、税金が注入されるでしょう。それは国民にとってリスクと言わざるを得ません。しかし、あまりそうした認識は、一般化しておらず、問題化したときには手遅れということになりかねないと思えます。今だ抜けきれない「お役所体質」の問題と、管理状況の変化、将来的にどうURを「処理」するのか、ということに考察をしてみたいと考えます。

<住戸における野鳥対策への具体的提言>
 大規模団地などでは、最近カラスをはじめとして野鳥が住みつく等の「問題」をかかえるところが多くなっています。それらはたいてい人間のエゴや、人間の無理解によるものと考えますが、野鳥と人間が共存するには、そもそもどうしたらいいのだろうかということについての考察は、世間であまりされていないと見られます。経験に基づき、少し具体的な提言をしてみたいと考えます。

<本件が一般に広がる懸念とスラップ訴訟>
 URが当家になしたような、居住権の侵害行為が一般化する懸念があります。それについて一言。また、国や地方自治体の機関が、個人を訴えるというような、「スラップ訴訟」が最近頻発しています。URも独立行政法人ですので、当家になした行為は、それに類するものかもしれません。組織力を背景にというか、笠に着て、市井の個人を「攻撃する」ような振る舞いは、まったく卑怯者の所業と言えます。それについても一言書いてみたいと思います。

<滅びゆく団地と地域>
 「団地」という言葉は、既に死語になりつつあるのかもしれません。戦後の高度成長期に、企業戦士たちを支え、核家族化の元となった「団地」は、もう使命を終えたのかもしれません。それとともに、街全体が高齢化、世代交代が進み、街としての機能を少しずつ喪失しつつあるところが、都内を始め、いろいろなところで見られるようです。これはひとりURだけの問題ではなく、社会全体の問題でもあるのですが、地域における人間の生活をどう守るのかということが、問われているのでしょう。今後「ヨウカン」を切って並べたような団地が、すたれていく過程を押しとどめるのは困難にも思えますが、既にある団地をどうするべきなのか。機能が低下した街に建つ団地をどうするのか。それらを少し考えてみたいと思います。


戻る 次のページへ