鳩を観る

The observation for pigeons around my living area


 このページ以下に含まれる一部のページを勝手に印刷し、内部資料や「証拠」などとして使っていた、財団法人 住宅管理協会 東京南管理センターには、当該データの「著作権使用料」として、2011年2月1日より、毎月月額200万円を請求します。契約書を作成するので、トップページのメールフォームから、責任者が連絡して来て下さい(ちなみに未だ契約書が取り交わされていないので、2017年3月末で1億4600万円の累積になります。著作権使用料なので、きちんと支払って下さい)。著作権法は、「個人として楽しむ」範囲を外れる、業務の一環としての自由利用は認めていません(法第三十条一項、第四十九条一項、第二十一条)。
 
※一部の人のために、こういうことを書かねばならないのは、大変嘆かわしいことです。この赤字部分の追加は、2011年2月21日からとしています。一部同年4月6日に訂補、さらに同年7月8日に追加訂補、同年11月17日に追加訂補、2017年4月8日に追加訂補いたしました。


 鳩という鳥は、特に人の多く住む場所ではありふれたものであり、駅、マンション・団地、神社、寺などにたくさん生息しています。そして、一部の自治体などでは、「害獣」に指定され、駆除さえ行われています。が、しかし、普段気にもとめない鳥である鳩を、よくよく観察してみると、とても面白い鳥であることがわかるのです。

 ちょうど2008年の5月、北側の小さなベランダを物置にしていたら、そこに鳩が卵を産んだらしく、ヒナを発見してしまいました。かわいいヒナです。飛んで逃げることは全くできませんから、黒目がちの目で、私たち人間をじっと心配そうに見るのみです。私たち人間も、ヒナのぽよぽよした姿を見たら、なんとか無事に巣立って欲しいと思うのは人情です。朝に夕に、親鳥からちゃんと食事はもらっているだろうか、親が見捨ててしまわないだろうか、春とは言え、夜は少し冷え込むときもあるので、大丈夫だろうか…。そんなことがいちいち心配になります。

 一方で、鳩という鳥は、身近に姿を見ているにも関わらず、どういう生活圏を持って、生態がどうなっているのか、生活環はどうか、など、ほとんど何も知らないことに気付きました。さすがに学術的な勉強は出来ませんが、毎日のようにヒナを観察し、どのように成長するか、そして巣立ちはいつか、巣立ったあとはどうなるのか、ついには餌場を設けてみて、やって来る鳩まで、観察までするようになってしまいました。
 
 そんな日々観察していた鳩の様子を、みなさんにもご覧いただこうかと思います。ただ、2011年6月、私はこの鳩の観察を巡り、転居を余儀なくされたため、観察の継続は不可能となりました。経緯につきましては、下の表中にある「UR都市機構による…」をご覧下さい。

●野生の生き物ですので、あまり美的でないものも、画像に写り込んでいたりします(フンなど)。その点はご了承下さい。
 

ヒナ・ピヨスケの誕生から巣立ち

ピヨスケのその後

さらにその後のピヨスケ

工作室

2009年・産まれた卵の観察日記

2009年・産まれたヒナのその後

鳩を見て思うこと(「創作館」へのリンク・2009年4月22日号)

鳥インフルエンザと鳩

動画

巣箱の掃除 ※特に汚いものが映っていますので、ご注意下さい。

かわいい「白ちゃん」

鳩はどの程度の隙間を通れるか

白ちゃん2号の病気と死

UR都市機構による強制退去の法的措置とその不当性について 更新

鳩を巡る「嘘」の数々

(C)2009- Masami Sugita All Rights Reserved.