鉄道部品資料館

 珍しい、またはそれほどでもない、各種いろいろの鉄道関連のグッズ類を、思いつくままに紹介するページです。筆者らがお財布の状況に合わせて入手した部品類をご覧下さい。もちろん盗品はありません。


銘板類

車内形式番号板の世界

ランプ類

日付印字機

小田急2600系

小田急線電車表示幕など

485系側面ナンバー別板張り替え

旧形客車デッキ灯点灯化

相模鉄道モハ6012号ナンバー別板張り替え

愛称板類

サボ板類 NEW!

205系電車ドアガラス利用テーブルの製作

電車車体ナンバープレートコレクション

車止標識を点灯化する

ブレーキ弁ハンドルの修理・復元1

ブレーキ弁ハンドルの修理・復元2

ブレーキ弁ハンドルの修理・復元3

電車・気動車用ブレーキハンドル・柄の取り外し方

●その他雑品は下に↓

●車内放送用チャイム音:(このページに戻って来るには、ブラウザの「戻る」ボタンを利用して下さい)
ハイケンスのセレナーデ(客車用)
気動車用
鉄道唱歌(電子音)
ひたち1
ひたち2
ひたち3
鉄道唱歌サロ189−10用
鉄道唱歌(市販オルゴール)

●踏切警報音発生装置の音(あのカンカンという音です。鉄道模型レイアウトなどに利用できます):このページに戻って来るには、ブラウザの「戻る」ボタンを利用して下さい)
三工社旧タイプ
三工社音量調節可能タイプ1(ややくぐもった音)


国鉄形電車の扇風機中央のカバー画像

 今やほとんど過去の車輌となった、「国電」103系や115系などの、扇風機中央部に着けてあったカバーです。いずれも国鉄を示す「JNR」のマークが刻印されています。下の比較的小さいのは、113系・115系の運転室内のものだそうです。


B寝台のプレート画像です

 B寝台車の入り口?に掲げられているプレートです。アクリル製です。24系のものらしいですが、よくわかりません。昔大阪の業者の、東京出張販売会(と言えば、どこだかわかる方にはわかるでしょうが)で入手しました。


ATS装置の警告ベル・チャイムの画像です

 クハ115の廃車発生品の、ATSチャイムとベルが手に入りましたので、鳴るようにしてみました。いずれも停電時に、バッテリーからの電源で作動するように、DC100V仕様なので、ACをDCに簡単に整流する回路を組み(下の木箱)、それから端子台へ結んで、運転室ブザーのボタンをスイッチとして使い、鳴るようにしてあります。

 中央の縦向きの箱が「ベル」で、ただジリジリ鳴るだけです。これは本来赤信号に接近したとき鳴ります。

 左の横向きの箱が「チャイム」で、「キンコンキンコン」と鳴ります。これは少し配線に手直しが必要で、ATS−P取り付けの時?に改造されていたようです。実際の運転ではATS確認ボタンを押した後鳴り続けます。


サロ183−10の外板ナンバーの画像です

 廃車となったサロ183形のナンバープレート(外板用)。別板に張り替えてあります。文字は普通にナット止め。板はアルミ板で塗装はなんと鉄道模型用カラースプレーを使用。赤色の「横軽対策車」マークは、市販のカッティングシートに、これまた鉄道模型用の赤2号を吹き付けて貼り付けてあります。見栄えはなかなかですが、置いておく場所が…(笑)。


国鉄形灰皿の画像です

 一昔前の車輌に多用されていた灰皿です。これは新品ですので、中が灰で真っ黒ということはありません。上部のJNRマークも今となっては…の感がありますね。禁煙車が当たり前の昨今では、もうこのようなものも過去の記憶に埋もれてゆくのでしょう。


ブレーキハンドルの画像です

 電車・気動車用のブレーキ弁ハンドル9本。右から3本と左から3本はナブテスコ(旧日本エアブレーキ)製、中央3本が三菱製です。互換性はありますが、微妙に寸法の異なるところ(例えばRの取り方や、柄の取付部寸法など)があるのがわかります。一番右のものは、比較的最近のものか、ハンドルのはめる部分(頭部)に、大きな「→」付きのステンレス板が張ってあり、さらに頭部側面にネジ穴があります。最近の電車・気動車は電気指令式ブレーキ化の進行で、ハンドル作りつけの車輌が多くなっていますが、それに伴って、このようなハンドルも過去のものになってしまうのでしょうか?。いずれもネットオークション落札品です。


戻る